顔脱毛サロン選び決定版(`・ω・´)ゞ > 肌の悩みについて > オロナインでする毛穴ケア

オロナインでする毛穴ケア

bixtukuri sisugi zyosei 500

毛穴の悩み解決!注目のオロナインケア

美容上の悩みとして多いものに、シミやしわといったものがありますが、年齢を問わず悩んでいる人が多いことといえばやはり毛穴の汚れではないでしょうか。

毎日きちんと洗顔していても、毛穴の中には角栓がびっちり…という方は少なくありません。角栓予防にはまず肌を清潔にたもつことが大切ですが、洗顔しすぎてしまうとそれはそれで新たなお肌のトラブルを引き起こしてしまいます。

そんな悩める毛穴のケア方法として注目されているのが、オロナインを使った方法です。

意外と知られていない高い殺菌効果

そもそもオロナインというと傷薬というイメージがないでしょうか。

実際にオロナインの効能について調べてみると、『にきび、吹出物、はたけ、やけど(かるいもの)、ひび、しもやけ、あかぎれ、きず、水虫(じゅくじゅくしていないもの)、たむし、いんきん、しらくも』というように記載されています。

幅広い効果があることに感心してしまいますが、ある程度共通していることがあります。それは、にきびや吹き出物、きず、水虫…などから分かるように、どうやら殺菌効果が高いということです。

これは主成分であるクロルヘキシジングルコン酸塩液の殺菌・抗菌効果によるものなのです。

肌に負担をかけない!オロナインを使ったケア方法

毛穴の汚れに対してオロナインがどのような働きをするかといえば、肌へ負担をかけずに汚れを落としてくれるということです。洗顔料やパックで毛穴をきれいにしようとすると、やはり多少なりとも肌に負担をかけてしまいます。

しかしながら肌への刺激が少ないことで知られるオロナインを使うことによって、水やお湯だけの洗顔よりも格段に汚れをとることが可能となります。

・オロナインを使った洗顔方法

オロナインを使った洗顔方法はごく簡単です。まずは毛穴が開くように、ホットタオルを顔にあてたり、湯船につかる、運動するなどします。

その後オロナインを鼻にしっかりと塗ります。事前に毛穴をひらくことによって、汚れにオロナインがつきやすい状態になっています。

あとは10分ほど放置して、ぬるま湯で洗い流します。この時に冷水だと落ちにくいですし、熱すぎても顔全体の油分が落ちすぎてしまいますので、人肌程度のお湯にしましょう。最後に冷水洗顔などで毛穴をひきします。

ローションなどでいつも通りの保湿することも忘れないで行いましょう。たったこれだけの簡単なケア方法です。

・オロナインを使った毛穴パック

実はこのほかにも、毛穴パックをする前にオロナインを塗ると、驚くほど角栓が取れるとして一部で評判になっています。

これはオロナインの成分がパックと角栓とがくっつきやすくしてくれるためですが、裏返していうのであれば、肌への負担も大きいということがいえます。

また角栓はとるだけでは意味がありません。とった後にできてしまった穴をふさいでおくことも大切です。

ケアをしないでパックを続けていると、どんどん大きな角栓ができるようになってしまい、結果としては逆効果になってしまうことが考えられます。

パックは一瞬にして成果が目でみえるので満足感が得られますが、くれぐれも後からケアをすることや、頻繁にはしないようにしましょう。

まとめ

以上のようなことから考えると、やはり毎日の洗顔に取り入れる方が肌全体によいと思われます。

汚れをとり、毛穴をしっかりとひきしめていけば角栓も小さく、目立たなくなってきます。凸凹しているお肌は、光が当たったときに色むらとなってみえ、決して美しくはありません。

また近くで見たときに角栓がつまっているようだと不潔な印象すら与えてしまいます。さらにファンデーションの乗り具合も悪くなってしまいますから、悪いことは山ほどあっても良いことは1つもないのです。

毎日のケアにひと手間加えて、お肌を改善しましょう。ニキビ予防としても効果的です。