顔脱毛サロン選び決定版(`・ω・´)ゞ > 肌の悩みについて > 毛穴を目立たなくする洗顔方法

毛穴を目立たなくする洗顔方法

保湿 女性 500

洗顔で毛穴を綺麗にしたい!

メイクを落とすために、日々何となく洗顔を行っている人も多いようです。しかし、毛穴を綺麗にするためには正しい洗顔を取り入れなければなりませんし、間違った方法で洗っていると肌トラブルを招く危険もあります。

メイクが残っていると肌荒れの原因に

毛穴を綺麗にするために、まずはメイクをしっかりと落とすことを考えます。ポイントメイクをしている人は、その部分にメイク用品が残らないように気をつけなければなりません。

メイクが残っていると肌がうまく呼吸できず、皮脂の分泌量も乱れます。そのため、正しい洗顔の1ステップ目は、メイクをしっかり落とすことから始めます。

次に、洗顔剤や石鹸で毛穴の奥深くまでしっかりと洗うようにします。水温は熱すぎず、かといって冷たくもなく、ぬるま湯程度が理想です。

熱いお湯は肌を乾燥させてしまいますが、冷たい水では毛穴が閉じてしまい汚れや皮脂を取り除くことができません。そのため、肌に優しいぬるま湯で洗うのが最も安心です。

洗顔剤や石鹸を効果的に使う

洗顔剤や石鹸を使う時は、まず手の平でよく泡立てます。キメの細かな泡を作ることで、顔の汚れや皮脂を簡単に吸着できるようになります。

泡立ちが良ければ洗う際に皮膚と手との間でクッションの役割も果たしますので、肌に優しく洗い上げることができます。泡立ちのあまり良くない洗顔剤や石鹸を使用している時には、泡立てネット等を上手く活用します。

手だけではなかなか泡立たないタイプであっても、泡立てネットを利用すると短時間で簡単に泡立ちます。

泡で洗う際には、力を入れずにくるくると円を描くようにします。強くこすらなくても泡が毛穴を綺麗にしてくれますので、肌への負担が少なくなります。

洗い流す際には肌に洗顔剤や石鹸が残らないように気をつけます。いくら肌に優しい成分であっても、やはり残っていると負担になります。よく潤いを与える洗顔剤等を見かけることがありますが、洗い流してしまうものですので潤い成分が含まれている必要はありません。

保湿ケアが鍵を握る!

状態の良い肌を保つのに大切なのは、洗顔後にすぐに保湿ケアを行うことです。

洗った直後は毛穴がクリーンな状態ですので顔色も透明感があるように見えます。しかし、時間の経過とともにくすんでしまうことがあります。

これは潤い不足であったり、開いたままの毛穴から皮脂が分泌されていたり、汚れが再び詰まってしまったことが原因です。このような肌トラブルをなくすためには、毛穴を閉じてあげる必要があります。

保水力を高める収れん化粧水

毛穴を閉じるためのケアとして有効なのは収れん化粧水です。常温よりも冷蔵庫で冷やしてからつけた方が効果がアップします。

日々収れん化粧水によるケアを続けると、少しずつキメが整っていきます。顔色も明るくなり、保水力が高まりますので瑞々しさも戻ってきます。

収れん化粧水にプラスして保湿ケアを行えば、肌はたくさんの水分を保持することができ、毛穴の開きが目立たなくなるので、バリア機能も高まります。

洗顔を正しく行って明るい印象に!

洗顔は毎日行うものですので、ただ洗い流すだけの作業になってしまいがちです。しかし、キメの整った美しい素肌を手に入れるためには、正しい洗い方を覚えてマスターする必要があります。

顔色は体調だけでなく肌コンディションによっても左右されます。汚れや皮脂が詰まっているとくすんだ印象を与えてしまい、マイナスのイメージにつながります。

最近では多くの自然派化粧品を見かけるようになりました。確かに自然由来の成分を使っているものが肌に優しく安心です。

しかし、自然由来の成分であっても人によっては合わないものがありますので、まずは肌に影響がないかを顔以外の部分で試してみる必要があります。顔の皮膚は他の部位と比べてとても薄いので、たとえ少量であっても試してみるのはリスクがあります。