顔脱毛サロン選び決定版(`・ω・´)ゞ > 肌の悩みについて > 保湿と化粧水について

保湿と化粧水について

33bab946b034cb8064881270b886d37d_s

ぷるぷるのお肌でいるには?

潤いがある若々しい肌でいたいと考えた時に、しっかりと考えておきたいのが、保湿ケアです。
その際に、重要になってくる事の一つが、化粧水の成分です。
顔の肌に潤いを与えたいと考えた時、まずイメージするのは、保水力の高い成分、ヒアルロン酸という人は多いでしょう。
ヒアルロン酸とは、ムコ多糖類の一種で、1gのヒアルロン酸の中に6リットルの水を溜め込む力があると言われています。
この成分が、肌に豊富にあれば、肌は潤いのあるみずみずしい状態を保つ事が出来るのですが、ヒアルロン酸というのは生まれた時がピークで、徐々に減っていきます。
20代の頃までは、減っても肌の状態に大きな影響を与える事はありませんが、30代になった辺りからその量はさらに大きく減るようになり、肌の潤いが失われていく事になります。
更に、肌の中のヒアルロン酸が減少すると、肌の表皮を支える力も弱り、シワやたるみの原因となってしまいます。
ですから、若くいたいと考えた時、そして保湿を考えた時に、ヒアルロン酸は欠かせない成分とされ、化粧水にも多く使われています。
ですから、いつまでも若くて綺麗な肌でいたいと考えた時は、ヒアルロン酸を意識する事がお勧めです。
ただ、現在、ヒアルロン酸以上の保水力を持つ事で、プロテオグリカンという成分が高い注目を集めています。

ヒアルロン酸以上の効果がある成分?

少し前まで、抽出をするのにとても高額な費用がかかる事で、保水力は高くても、実用性がない成分とされてきました。
ですが最近、鮭の鼻の頭から簡単に抽出が可能となり、化粧品に使われるようになってきました。
ですから、今後、保湿について意識をした時、プロテオグリカンにも注目をしておく事がお勧めです。
プロテオグリカンは保水力が高いだけでなく、ヒアルロン酸とコラーゲンの生成を促進させる働きもあり、それによりハリと弾力のある若々しい肌を作る事が出来ます。
更に、顔の肌の保湿を意識した時、保水力のある成分を肌に補給するだけでなく、肌自体の保水力を高める事も大切です。
肌の中に水分や油分を溜めやすい状態にしたいと考えた場合、摂取しておきたい成分がセラミドです。
セラミドは、肌に水分や油分を溜め込む細胞間脂質を作る為に欠かせない成分で、それにより肌の保水力を高めてくれます。
ですから、セラミドが配合された化粧水を選ぶという事もお勧めです。
そして、肌の保湿について意識をした時、成分と同時にしっかりと考えておきたいのが、化粧水のつけ方です。

潤いお肌を手に入れる化粧水のつけ方

肌に良い成分をしっかりと肌の奥まで浸透させたいと考えたら、洗顔の前に蒸しタオル等で肌を温め毛穴を開き、洗顔の時に毛穴の中の汚れが落ちやすい状態を作っておく事がお勧めです。
毛穴を開き、綺麗な状態にしておく事で、より肌の奥まで、肌に有効な成分が浸透しやすくなります。
この際、手で塗る場合は、指の腹で肌の奥まで押し込むように、コットン等を使う場合は、人差し指と薬指で挟み、肌の奥に届く事を意識しながら、軽く叩いてつけていく事がお勧めです。
それにより、肌に良い成分を、しっかりと肌の奥まで届けていく事が出来ます。
ただ、肌に浸透させた化粧水は、そのままにしておくと、そのまま蒸発していく事になります。
蒸発の際に、肌が持つ水分まで一緒に蒸発させてしまう為、ただ化粧水を塗っただけでは、乾燥肌の原因となってしまう事になります。
ですから、化粧水をつけた後は、乳液やクリームで蒸発を防ぐ事が大切です。
乳液とクリームは違うものと考える人も少なくありませんが、乳液は、クリームを塗りやすい状態にしたもので、乳液とクリームを合わせてつける必要はありません。
保水力のある成分を、正しく肌につけていく事で、肌の保湿を高めていく事が出来ます。