顔脱毛サロン選び決定版(`・ω・´)ゞ > 顔のムダ毛について > 顔の脱毛と日焼けの関係について

顔の脱毛と日焼けの関係について

021607
顔は、いろいろな種類の毛が生えている、複雑な部位です。顔全体に細かい産毛が生えていて、もみあげや口周り、あごは、産毛が濃い人が多く、眉毛の濃さやむだ毛の量は人によって様々です。
毛深いタイプの人は、口周りやあごに濃い産毛が生えるため、暗い影になってしまったり、顔全体の産毛で、肌がくすんで見えたりすることもあります。
また、眉毛の周りやもみあげの毛が濃いと、自己処理しても毛の断面が目立ってしまったりして、気になりやすい部分です。

むきたまご肌は顔脱毛でできる!

顔のむだ毛は、カミソリやシェーバーで自己処理する人が多いのですが、カミソリ負けをして、肌が赤くなってしまったり、荒れてしまったりすることもあり、化粧品をつけるときに困るので、できれば自己処理したくない部分です。しかし、自己処理をしないと、ファンデーションがむだ毛にからんでしまい、化粧のりが悪くなったり、毛が光にあたってきらきらと目立ってしまったりするので、お手入れをせずにはいられない部分でもあります。
雑誌やテレビなどで活躍しているモデルやタレント、女優などは、顔のむだ毛がない人が多く、アップで映っても、すべすべの美しい肌をしています。光の加減が変わっても、むだ毛が映らず、ファンデーションが肌に吸いつくようにぴたっと乗っている人は、顔の脱毛をしている人が多いです。むだ毛がないことで、肌色も明るく、透明感があるので大変肌が美しく、光もきれいに反射して、魅力的です。

顔脱毛なら光脱毛がおすすめ

顔の産毛やむだ毛の自己処理が面倒な方や肌荒れを気にする方、ワンランク上の美肌を目指す方には、光脱毛がおすすめです。
光脱毛はメラニン色素に反応する特殊な光を肌に当てることにより、毛根のメラニン色素に光が反応して熱を発生することを利用した脱毛方法です。毛根にある、毛を作る働きの毛母細胞に熱でダメージを与えることで脱毛することができます。
肌の他の部分には影響しないので、安全で、光を当てるだけなので簡単に脱毛することができ、人気があります。

紫外線には要注意!

光脱毛は、メラニン色素の黒色に反応して毛根にダメージを与えて脱毛します。そのため、日焼けをして、表皮のメラニン色素が多いと、それだけ表皮の温度も上がりやすくなり、やけどをしてしまうことがあります。
日焼けした肌は、やけどのリスクがあるので、日焼けしてしまった顔の脱毛をすることはできない場合があります。脱毛の数か月前から、日焼け止めを塗ったり、日傘を差したり、日焼け対策をしっかりとする必要があります。
また、日焼けしにくい秋や冬に施術を受けると、やけどのリスクが低くなるのでおすすめです。
また、光を使っての施術後、紫外線にあたり過ぎると、シミの原因になることがあるので注意が必要です。
施術後2週間程度は、肌に与えた光の影響で、肌が敏感になっていたり、活性化している可能性があるため、屋外はもちろん、室内でも、直射日光に当たらないように気をつけたり、日焼け止めを忘れずに塗ったりすることが必要で、屋外に行く時には、日焼け止めを塗って、日傘も差すなど、紫外線対策をしっかりすることが大切です。

顔が日焼けしてしまった時のケア方法

脱毛しただけでメリットたくさん!

産毛やむだ毛がなくなると、肌がつるつるになり、化粧のりも良くなって、とてもきれいになります。
産毛がないだけで、毛の色がなくなり、毛の影もなくなるので、ファンデーションがワントーン明るくなるということもあるほど、垢ぬけた印象になります。
また、光の美肌効果で、毛穴が引き締まり、キメが整うので、透明感のあるなめらかな美肌になる効果もうれしいポイントです。
光には、美白効果もあり、シミが薄くなったり、黒ずみが目立たなくなったりする人もいるので、むだ毛の悩みと、肌の悩みが一度に軽減することも期待できます。

美肌を目指すのなら顔の脱毛が必須