顔脱毛サロン選び決定版(`・ω・´)ゞ > 顔のムダ毛について > クリームで正しく顔のムダ毛処理をする方法

クリームで正しく顔のムダ毛処理をする方法

021619

自己処理でキレイにしたい!

顔のムダ毛処理は間違った方法で行ってしまうと処理した時のヒリヒリとした痛みや赤い発疹ができるなど自己処理には悩みはつきものです。
顔の産毛は剃らなくても特に問題はありませんが、細部までキレイになりたいと思う女性の多くは処理をしています。
産毛を剃っていれば化粧崩れも防ぐことができますし、化粧ノリも良くなるほか、目立たないフェイスラインなどの産毛を処理することで見た目の美しさもグンと高まります。
産毛には外部からの刺激やホコリから肌を守る役割があるのですが、汗や皮脂などが産毛に絡むこともあり、毛穴を詰まらせることになるのでニキビの原因ともなり得ますし、優れたスキンケア方法が進んでいる現代では産毛の処理をしても問題はないとされています。

肌色を明るく、浸透力も上げるんです!

また顔全体に生えている産毛は肌を暗くみせてしまうので、産毛の処理を行うことによって肌をワントーン明るく見せることができて透明感がアップします。
お肌と化粧品の密着度が上がることからメイクの乗りはもちろん、化粧水や美容液などの浸透力が高まることから美しい素肌にも導いてくれるのです。

T字?L字?カミソリの使い分け

最も簡単で手軽に行えるのがカミソリを使っての処理ですが、顔の皮膚はとても繊細なため大きなダメージを与えてしまう結果になります。
顔のムダ毛処理を行う際に使うのでT字型ではなくL字型のカミソリを使用すると剃り残しなくキレイに処理することが可能です。
顔は立体的な部分でもあるのでT字型のカミソリは腕や足などの平らな広い面であれば適していますが細部まで剃ることができませんし、怪我の原因ともなるので処理を行う際はL字型を使用すると良いでしょう。
または電気シェーバーも顔剃りには適しているので、ひとつ持っていると便利ですよ。

専用クリームで肌を保護!

顔の皮膚はとても薄くてダメージを受けやすい部分でもあるので、必ず処理を行うときは専用のクリームを使用します。
クリームのかわりに石鹸や洗顔料などを代用して処理をしてしまうと、肌に必要な角質までも剃り落としてしまうことになるので肌トラブルの原因ともなります。
ムダ毛処理を行うタイミングとしては夜の入浴後がベターです。
処理をしたあとの肌はとても繊細なので紫外線や化粧品からダメージを受けやすくなっているので、入浴後の清潔な状態で処理を行うことで、雑菌の侵入を防ぐこともできるためダメージを抑えることが可能です。
またメイクをした状態でムダ毛処理をしてしまうのも雑菌が毛穴や傷に侵入する危険がありますので注意が必要です。

上手に顔剃りをしましょう!

ムダ毛処理の方法は化粧水でお肌に潤いを与えた後、カミソリの滑りをよくするために顔にクリームをたっぷり塗ります。
毛流れに逆らうように産毛を逆立てるようなイメージで塗りながら、顔全体に馴染ませていきましょう。
次に毛の流れと逆方向に皮膚を軽く引っ張り、上から下へと剃っていきます。
同じ部分を何度も剃ってしまうと皮膚を傷つけてしまうので、同じ個所にカミソリを滑らせるのは1回にとどめておきます。
カミソリでの詳しい処理方法はこちらをご覧ください。

カミソリが汚れたらその都度拭き取るようにして、肌が乾いてきたら必ず専用のクリームを足して処理していきます。
剃り終えたら濡れたコットンかタオルで優しくふき取って、冷たい水で冷やすか濡れタオルなどで冷やします。
繊細なお肌を守るためにムダ毛処理を行ったあとは化粧水をたっぷりつけて肌を整えて、乳液で水分が逃げないように蓋をします。

高頻度はキケン!肌のストレスに注意!

ムダ毛処理のしすぎはカミソリ負けを起こしたりお肌を弱らせてしまうことになるので、高頻度の処理は避けた方が賢明です。
頻度としては3週間に1度を目安に行い、鼻の下などの産毛が気になるのなら鼻の下だけ週1回のペースで処理するようにします。
また生理中や体調不良のときは肌も特に敏感になっているので、この時期のムダ毛処理は避けることをおすすめします。