顔脱毛サロン選び決定版(`・ω・´)ゞ > 顔のムダ毛について > 顔のムダ毛処理を電気シェーバーで行う場合

顔のムダ毛処理を電気シェーバーで行う場合

33ed07bef8006e88592a0ecb0bb15ad1_s

持ってると便利な電気シェーバー

顔のムダ毛処理の方法には色々なものがあります。脱毛をするならやはり専門のサロンに行って施術を受けるのが最も安心ですが、剃るだけなら自宅でも行えます。

顔剃りをするときの注意点

剃るための道具にはカミソリやシェーバーがありますが、カミソリは力加減が難しく、角質まで削り取ってしまうことがあります。顔のムダ毛処理はエチケットとして多くの人が実践していますが、皮膚を傷つけてしまっては本末転倒です。
剃る行為として最も安全なのは電気シェーバーによるムダ毛処理です。電気シェーバーはカミソリよりも扱いやすく、誤って出血するようなこともありません。ただ一つ注意しなければならないのは、ニキビ等による凸凹として部分がある場合です。凸凹している部分は処理しにくいだけでなく、皮膚を傷つける恐れがあります。

肌を守りながら処理

電気シェーバーを利用する場合、事前にシェービングクリームをぬることも忘れてはいけません。やはり直に肌の上を滑らせるよりも、滑りを良くするシェービングクリームを塗っておいた方が摩擦が少なくなります。摩擦が少なければ肌への刺激も当然減りますので、肌トラブルのリスクは低下します。
クリームを使った正しい処理方法はこちらでさらに詳しい内容がわかります!

顔はパーツ別に見て最も皮膚が薄い部分ですので、ムダ毛処理が難しいイメージがあります。しかし、正しい方法で処理すればコンディションも上がりますし、見た目にも良い変化をもたらします。皮膚への刺激を考えるとムダ毛をそのままにするのが最も安全だと考える人も多いのですが、ムダ毛が放置されることによる問題もあります。
カミソリで正しく顔のムダ毛処理をする方法

ムダ毛を処理して清潔な美肌に!

ムダ毛をそのままにする場合、雑菌の繁殖が増えます。大人ニキビの原因となるアクネ菌も繁殖しやすくなりますので、処理を行えば予防になります。また、皮脂の分泌量は毛穴の詰まりにより変化しますので、ムダ毛を取り除いて常に毛穴をクリーンな状態にすることで皮脂の分泌量もうまくコントロールできるようになります。
電気シェーバーで処理を行った後は、皮膚の乾燥を防がなければなりません。ムダ毛がなくなると覆っているものがない状態ですので、顔の皮膚は乾燥しやすくなります。乾燥は肌の老化を招きますので、きちんと保湿ケアを行っておく必要があります。ムダ毛処理直後で乾燥が酷い場合には、保湿パックが有効です。化粧水や乳液をつけるだけよりも、しっかりと保湿をすることができます。

見た目も肌状態も変える顔のムダ毛処理

顔のムダ毛処理は皮膚の安全を考えると躊躇してしまう部分ではあります。しかし、顔専用の電気シェーバーを使えばそれほど危険はありませんし、ムダ毛を取り除くことによるメリットの方が大きくなります。
最近ではお洒落の一環として全身のムダ毛を脱毛してしまう人も多いので、顔のうぶ毛を生やしたままにするのは人目が気になります。しかし、永久脱毛を行う時間もお金もないという人もいますので、多くの人が利用できる電気シェーバーが現実的な方法です。

ムダ毛ケアはスキンケアに

電気シェーバーの利点は、肌が敏感で永久脱毛を行うことができなかった人でも、コンディションを見計らいながら行えるというところです。
家庭用の機器を用いて自分の好きなタイミングで処理することができますし、肌状態に合わせたアフターケアも選ぶことができます。通常は保湿ケアが一般的ですが、毛穴の開きを考慮して収れん化粧水を使っても構いません。収れん化粧水というと脱毛後の肌に使うイメージが強いのですが、シェーバーで処理した後の肌につけても効果があります。
表面上のムダ毛がなくなった毛穴は、やはりぽっかりと空いた状態に近いので、収れん化粧水で引きしめてあげると保水力が高まります。保水力の回復をしっかりと行っておくと、後々のコンディションが整いやすくなりますし、シミやしわといったトラブルも改善されやすくなります。